>

新型コロナウィルス感染拡大で資金への影響は大きい

手軽でスピーディー

オンラインレンディングは、通常の融資のように決算書を準備したり計画書を作成したりと、資料を改めて準備する必要はありません。
だからと言って、無条件で融資を実行する訳ではありません。
オンラインレンディングでは、人工知能(AI)が会計データや銀行口座の出入金の記録などのデータをもとに、会社の信用を審査することで、融資の可否を判断するのです。
煩雑な手続きや審査の時間が簡略化され、スピーディーに融資が実行できるのが特徴です。
これまで、大手銀行や民間金融機関では、実績のある大手企業への融資が中心で、中小企業や個人事業主への融資はハードルが高いとされてきました。
しかし、AIやFinTechの発展により、企業に対する様々なデータを審査することか可能になったことで、中小企業や個人事業主に対しても、融資の門戸が広がりました。
この点も、オンラインレンディングが注目されるポイントでもあります。

コロナ禍で高まる需要

オンラインレンディングは、中国やアメリカではある程度の市場規模に成長しています。
日本でも、拡大傾向にはありましたが、新型コロナウィルスの蔓延が契機となって、加速度的に広がっているのです。
新型コロナウィルスの爆発的な感染拡大により起こった外出自粛や移動制限は、突発的な売り上げ激減に喘ぐ事業者を増大させました。
「今月の家賃が用意できない」、「買掛金の支払いが間に合わない」といった、運転資金の不足には、速やかな資金調達が必須条件です。
そんな突発的、短期的な資金調達に、融資までのスピード感や手続きが簡易なことから、オンラインレンディングを利用する事業者が増えています。
また、オンラインレンディングを展開する企業側でも、コロナの影響を受けた企業の金利を引き下げる優遇措置などを行う所も多いのも、人気が集まっている理由でもあります。


この記事をシェアする