感染症対策で注目されているビジネスローンとは

オンラインでスムーズな資金調達

新型コロナウィルス感染拡大で資金への影響は大きい

オンラインレンディングとは、オンライン上で融資に関するすべての手続きが完結するサービスです。 オフィスに居ながらにして融資の申し込みから実行までを行うことができるのです。 また、決済までのスピードが速いため、急ぎの資金調達の必要が出たときにも、頼りになるサービスになっています。

オンラインレンディングを利用する際の注意点

突発的な資金不足を補うための方法として、借入までがスピーディーなオンラインレンディングを利用する方が増えています。 しかし、メリットがあればデメリットも存在します。 困っている時だからこそ、冷静な判断が必要とされます。 オンラインレンディングを利用する際の注意点をまとめました。

国内で展開されているサービス

オンラインレンディングサービスを展開している会社は国内に複数存在します。 大手民間金融機関が運営しているものや会計ソフトを頒布している老舗企業など、多種多様です。 すでにご自分が取引を行っている会社があるかどうかも、要チェックポイントになりますね。

オンラインレンディングとは

新型コロナウィルスの感染拡大による外出自粛等の影響から、2020年4~6月の企業売上高は前年比マイナス17.7%となっています。
これは、2009年のリーマンショック時に継ぐ大きな落ち込みになっています。
外食産業をはじめ、様々な業界で売り上げの減少や運転資金の不足など、経営者としては頭の痛い状況が続いています。
日本政策金融公庫の、実質的に無利子でのコロナ特別貸付や、民間の金融機関の行っている実質無利子、無担保融資によって、急場の不足資金の調達を行っているのが現状です。
しかしながら新型コロナウィルスの流行は終わりが見えず、今後の売り上げ回復についても、不透明です。
今後さらなる資金不足に見舞われた時、どうやって資金の調達を行うことができるのか、不安を抱えている経営者の方は多いでしょう。
長期的スパンでの借り入れ計画が立てづらく、銀行等の金融機関での融資も時間がかかるため、現場の経営者としては、より小回りの利く資金調達手段が求められています。
このような現状の中で、法人や個人事業主向けのオンライン融資(オンラインレンディング)が注目されています。
オンラインレンディングとはFinTech(フィンテック)の技術の発達により、インターネットと金融が融合した新しい資金調達の方法です。
従来の銀行融資などと比較し、非常にスピーディーに資金が調達できるのがポイントです。
オンラインレンディングとは具体的にはどういったものなのか、詳しく見ていきます。